トミカむかしばなしの配列って参考になる?鬼 ハマー H2は簡単にゲット出来る!!

昨日、トミカむかしばなしを購入した話をご紹介しましたが…やはりどうしても鬼ハマーが欲しくて本日大晦日にも関わらず新宿を歩き回ってきました(笑)
ヤフオクで鬼ハマーを購入しようといろいろ見て回ってたんですが、手数料や送料がかかるなら自分で歩き回ってゲットした方がいいと思い、大晦日にも関わらず新宿まで出向き歩き回ってきたんですよね。

そして見事、鬼ハマーをゲットしたのでレポしたいと思います。

スポンサードリンク

トミカ 鬼 ハマー H2ってやっぱり人気あるんですね!

トミカをレビューしているいろんなブロガーさんのブログを見てるとやっぱり鬼ハマーが一番人気っぽいですね。
トミカむかしばなしの中で一番存在感があるのが鬼ハマー H2なのでこれに関しては仕方がないのかなと。人気があると分かればやっぱりどうしても欲しくなるのが人間の性というものです。

人間の性というか当ブログ管理人の性ですね(笑)
大晦日の昼過ぎから新宿に出向きまずはビックロに行き、その次はヨドバシカメラ、そして最後はLABIまで行きました。

ビックロに行けばまず売ってるだろうなと思ったんですが、箱売りしかしてなかったんです。店員さんにバラ売りしてくれないか?と聞いたんですが、箱売りしか無理らしく…断念。そして次に行ったのがヨドバシカメラです。

ヨドバシカメラではバラで売ってたんですが、その数はたったの3個!!
トミカむかしばなしには配列があるとかないとかいろいろ言われていますが、鬼ハマーが欲しいなら箱を振ればすぐに分かります。というか某ブロガーさんのブログを読んで知ったんですが、鬼ハマーは確かに大きさも重量もほかの車体とは別格です。

箱を持った瞬間にすぐ分かるんですよね(笑)
なので、ヨドバシカメラに行ったときは3個しかなかったのでその中には鬼ハマーはありませんでした。そして最後に行ったLABにはトミカむかしばなしがたくさんあったんです。たぶん12個くらいバラ売りされてたんですよね。

店員さんの目を盗んで(すぐ近くに居てじろじろみてたのでw)ひとつずつ箱を振って重さと音を確かめました。
12個中2個、鬼ハマーっぽいのがあったんですよ。でも鬼ハマー以外に大きい車体といったら【金太郎 スズキ ハスラー】くらいしかないし、重量感はあるけど振ると少し箱がカラカラしたので悩みました。でももうひとつ気になる方は箱を振ってもまったくカラカラ言わないんです。

重さもあるけど箱が詰まっている感じがすごく伝わってきます。

これだぁぁぁああぁぁぁ!!!(紅だぁぁあぁぁ!)

完全に直感でしたね(笑)
絶対にこれだ!と思ったのでその1個だけを購入しました。LABで490円

そして自宅に帰り、嬉し恥ずかし開封作業!
お目当ての鬼 ハマー H2が当たったのかどうか気になりますよね?それではさっそくレポしたいと思います。

昨日と同様、まずは開封したときのおみくじから見ていきましょう。

[blogcard url=”https://tomikalab.com/archives/255.html”]

 
昨日のおみくじが気になる方は上記の記事も一緒に読んでみてください。今回のおみくじはこんな感じでした!

 

おっ!中吉です!

これまた中途半端な感じですが、昨日よりはましな感じです(笑)
そしてちょっと中身が見えているのでネタバレになってしまってますね。実際に当たったのはこれです!

スポンサードリンク

どーん!!!

お目当ての【鬼 ハマー H2】が当たりました!やっぱり他の車体よりもかなり存在感があります。重量感も大きさも大満足ですね。さらに別のショットから見てみましょう。

正面からのショットです。
どうでしょうか?!めちゃくちゃ重量感というか厚みというか存在感アリアリですよね!昨日の姫様とは違い男らしさというのがすごく伝わって来ます。

なんだろう…。
姫 スバル360鬼 ハマー H2が同じ値段っていうのがすごく納得できない(笑)それくらい鬼ハマーのクオリティと重厚感がハンパないです。男は黙って鬼ハマーでしょ!って感じです。申し訳ないけど姫様ごめんなさいです。

運転席側からのショットです。
姫 スバル360の塗装はマットな感じでしたが、鬼ハマーは光沢のある塗装でかなり派手です。車に塗装されている模様も鬼鬼していなくてあくまで自然な感じですね。他のキャラクターは強引にキャラクター感をかもしだそうとしているのが分かりますが、鬼ハマーに関しては自然です。

バックはこんな感じになっています。
アクションはサスペンションとトランクの開閉になっています。やっぱり思惑通り鬼ハマーの満足度はかなり高いです。★5です(笑)

トミカむかしばなし鬼 ハマー H2のベストショット!

鬼ハマーのベストショットです。
このいかつい感じが溜まりません。2016年を締めくくるのにもってこいの車体だと思います!!2017年もいろいろなトミカが楽しめるのでしょうね。

まとめ

トミカむかしばなしの中で圧倒的な人気を誇る鬼ハマーの当て方についてご紹介しました。
大人男子だったら恐らく鬼ハマー目当ての人が多いと思います。だって鬼ハマー以外はお子ちゃま感がハンパないし、そこまで魅力的な車体やデザインではないかなと思うので。もし好きな方がいたらごめんなさい…。

鬼ハマーを当てたい方は箱の中の配列がどうのこうのいうよりもまずは持って振ってみましょう!こんなに簡単に分かるのか!ってくらい簡単に鬼ハマーは分かりますよ。まず振って箱の音が鳴りませんから(笑)

良い大人が箱を振って中身を当てるのはちょっと恥ずかしい気持ちもしますが、背に腹は変えられません!笑 昔ビックリマンアイスが流行ったときにアイスの裏側からキラキラヘッドを見透かして当てまくったあの感覚と一緒です。

2017年もトミカ博などのイベントを筆頭に世の中のトミカ熱もかなり沸騰しそうな雰囲気ですね!2017年2月に発売予定のランボルギーニ チェンテナリオはみなさん今から目をつけていると思います。そういうのも含めて今から楽しみです。

2017年もトミカ新車情報LABをどうぞよろしくお願い致します!!

スポンサードリンク