トミカ No,17 BMW i8(通常版)を購入したのでレビューしてみる!


トミカ No,17 BMW i8(通常版)を購入したのでレポしてみようかなと思います。
こちらの商品が販売されたのは2016年11月19日なのでかなり前になりますよね(笑)初回特別仕様と通常版の2タイプがあり、今でも人気のある車体になります。初回特別仕様はアイオニックになり、通常版はシルバーメタリックになります。

通常版の方は今でもトミカショップや家電量販店、おもちゃ屋などで簡単に手に入るので欲しい人はゲットしてみてはいかがでしょうか。
ランボルギーニ同様、BMWも管理人の憧れの車なので通常版とはいえ買わない手はないと思い購入しちゃいました。買ったらレビューしたいのがブログ管理人!トミカ備忘録的に写真とコメントを残してレビューしておきたいと思います。

スポンサードリンク

トミカ BMW i8のレビュー!

トミカ No,17 BMW i8(通常版)をさっそくレビューしてみます。
BMW i8についてあまりよく知らない人は下記に引用を載せておいたので参考にしてみてください。

i8(アイ エイト)は、ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売するプラグインハイブリッド方式のスポーツカーである。モデルコードはI12。この車両はコンセプト面で関連のあるi3等と同じくドイツ・ライプツィヒにある工場で完成するものの、i8向けのCFRP部品に関しては同国ランツフート工場が製造を担当する[1]。 また、乗降ドアにはBMW車で初となるバタフライドアも採用された。 Wikipedia引用

トミカを開封するときは毎度のことですがやっぱりワクワクドキドキしちゃうんですよ。中身が分かっていてもこれだけワクワクしちゃっていうのはかなりの中毒性があるってことですよね!笑

トミカBMW i8はこんな感じだ!!

どうでしょうか?!
初回特別仕様のアイオニックもいいですが、通常版のシルバーメタリックも見た目的にかなり派手です。

ホイールにも車体の色と同様にシルバーのラインが入っていて妥協がありません。ホイールにラインが入ることによって横から見ると全体的に引き締まって見えるのでこれは素晴らしいです。良い意味でBMWらしさというのが伝わってくると思います。

スポンサードリンク

運転席や助手席のドア下に薄い青色のラインが入っていますが、ここまで細かく彩色されているのは正直に感動できます。

フロントから見るとこんな感じになっています。
フロント周りの彩色も実車を忠実に再現しているので、一切の妥協がないんだなと関心させられました。トミカでは再現されていませんが、BMW i8はガルウィングを採用しているのを知っていましたか?スーパースポーツカーとかだとよく見かけるんですが、BMWでガルウィングを採用するというのはかなり斬新じゃないでしょうか。

フロントに刻印されているBMWのエンブレムも目視でしっかり確認出来ます。

次はバックショットです。
フロント周りの彩色も素晴らしいものですが、リアの彩色もかなりクオリティが高いと思いますよ。バックライト周りの赤色とトランク下のブルーラインも実車さながらにしっかり再現されています。BMW i8に関してはサイドから見るよりもフロント、リア周りの彩色クオリティを堪能して欲しいかなと思います。

タカラトミーさんの企業努力がとても分かる一品だと思いますよ。

トミカ BMW i8のベストショット!

本日のトミカ BMW i8のベストショットはこの1枚です!
ブラックとシルバーの彩色、そして全てのパーツに対するディテールのこだわりが最高ですね。トミカにハマってしまう大人の気持ちがとてもよく分かります。1台1台に対するこだわりがとてもよく伝わって来ますし、これが子供騙しのようなちゃちいものだったらここまでロングヒットしていないでしょう。

まとめ

トミカ BMW i8(通常版)をレビューしてみました。
発売されたのが去年の11月ということで少し今更感があるとは思いますが、楽しんで頂ければいいなと思います。昔から衰退することなく、大人気のトミカなわけですからこの先、発売される車も大いに期待が膨らみそうですね。次はどんな車のレビューをしようかな(笑)

レビューする車体選びも案外大変なんですよー!もしレビューして欲しいトミカがあったらどんどんリクエストしてください(笑)絶版車やレア過ぎる車体以外だったら期待に答えられると思います。

スポンサードリンク